ローンが未完済でも可

貯めたお金で投資する事は当たり前の時代になりました。
投資活動を行わない多くの人は銀行に貯金していましたが、利息が下がりお得感が薄れたからです。
利益が得られなくなれば投資先を探す事は当然の結果です。
資産運用の商材として人気を集めているのが、不動産を使って利益を得る事です。
通常は中古の不動産を業者から購入して、それを第三者に貸す事で回収します。
しかし全ての物件が回収に向いているわけではありません。
例えば古い建物は外観が美しくないため購入希望者が現れにくいのです。
リフォームして魅力的な建物に作り変える手もありますが、土地だけを買って新たに建物を構築するという選択肢もあります。
取り壊しの手間がかからないため、リフォームよりも安上がりになるケースもあるのです。

現在において不動産の値段は下がる一方です。
なぜなら不動産を買いたいと希望する人が減っており人口も同様だからです。
つまり収益物件の買い手そのものが減っており、業者が処理に苦慮しています。
収益物件の買い手がつかず値段が下がっている事は、不動産の購入者にとってもリスクがあります。
なぜなら収益物件を所持した瞬間から、購入者も売り手側に参加する事になるからです。
買い手にとって有利な市場である事は間違いありませんが、売り手になった後に回収できるか否かが鍵と言えます。
不動産の購入は安く済むかもしれませんが、賃貸料金を下げる決断を迫られる恐れもあります。
リスクとリターンが同居している点は、他の投資対象と同様という事です。