見積もりが無料

不動産のトレンドは今は、マンションなどの単身物件が主流となっているようです。
資産運用という方法で収益のあがる物件は、1ルーム、1LDKの単身者向け物件なんです。
また都市中心部の周辺には、1ルーム~2Kくらいの、不動産物件が多いのです。
これらは、家賃などの収益性をあげることが、できる物件と言えます。
ですから、個人の契約としてマンションを買取りして、そこへ住まずに、収入にする場合が増えています。
このように購入の際の、住宅ローンを返済しながら、借入契約者から家賃収入を得る資産運用方法になります。
単身生活の単身者は年々増加しているので、空き部屋が出ることは少ないのです。
それに転勤や長期出張などの場合は、少々せまくても家族全員で暮らす、というタイプを好む人がいるので安心です。

このような、不動産を扱う売買業者には、どのような人なのかご存知でしょうか。
大抵の場合、不動産の仲介業者は宅地建物取引主任者という、検定に合格しています。
それから収益物件としての、案内をできる資産運用の、コンサルタントという人がいます。
役所への登記が必要ならば、行政書士という公文書を扱う文書業の方への依頼でできます。
何れにしろ、自分で多数の資格と持っていれば別ですが、専門家の作成した書類は信頼性が抜群にあります。
よく自分の土地の相続に関して、個人で登記をおこなう人がいます。
親からの譲渡などは、比較的単純な書類で、個人としてできます。
しかし、先ほど述べたような収益物件などの不動産取得に関しては、きちんとした資格を持つ専門家へ依頼した方が良いでしょう。